傷んだ髪を改善するためのシャンプー選び

洗浄成分がシャンプー剤の質を知るカギ

一般的なシャンプー剤は「化粧品」という位置づけです。化粧品は薬事法で全ての成分を表示することが義務付けられています。成分表示は多い順に記載されていて、前の方に書かれている成分が量が多いことになります。

 

シャンプー剤では一番最初に表記されているのが「水」です。そしてそのすぐ後に記載されているのがそのシャンプー剤の主な洗浄成分ということになります。現在、一般的に販売されているシャンプー剤の洗浄成分は大まかに分けて3種類になります。


シャンプー剤の3種類の洗浄成分とは?

硫酸系

市販の安価なシャンプー剤の多くはこの硫酸系の洗浄成分を採用しています。硫酸系洗浄成分には鉱物油などから作られる合成界面活性材を使用しています。洗浄力がとても強いので、脂っぽい頭皮の人には向いています。

 

一方、敏感肌や乾燥肌の人には強すぎる洗浄成分が負担になることがあります。特に年齢を重ねた人の肌は、脂性であっても敏感になっていることも多く、かぶれや湿疹などの症状となって現れてきます。

 

表記名:ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム

 

石けん系

「無添加」「せっけんシャンプー」などの表示で売られているシャンプー剤はほとんどこの石けん系の洗浄成分を採用しています。脂肪酸ナトリウムなどから作られる合成界面活性材を使用しています。

 

ナチュラルなイメージが強いですが、洗浄力は比較的強めなので、肌質が普通〜脂性の人向けです。せっけんシャンプーは何となく優しいイメージがあるのですが、敏感肌の人が使うと、脱脂力の強さから乾燥が酷くなったりします。

 

また、アルカリ性の性質があるので髪がごわついたり軋んだりします。シャンプー時の使用感はイマイチなことが多いです。クエン酸リンスで中和すれば「サラサラになる」と言いますが、髪の乾燥のひどい人の場合はそれでも扱いが悪いままのことがあります。クエン酸リンスは肌が敏感な人の場合はしみる事もあります。

 

表記名:石けん素地、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム など

 

アミノ酸系

最近ドラッグストアでも「アミノ酸系洗浄成分使用」の表示があるシャンプー剤が増えてきたのではないでしょうか?アミノ酸系の合成界面活性剤を採用したシャンプー剤です。

 

髪や頭皮と同じ弱酸性なのでとても刺激が低く安全性も高いです。保湿する力があるので頭皮が突っ張ることもなく髪のパサつきがありません。ただし、洗浄成分自体のコストが高く、シャンプー剤のお値段も上がってしまうのが難点。また、洗浄力がマイルドな分、頭皮が脂っぽい人には物足りないかもしれません。

 

表記名:ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグリシンカリウム など

傷んだ髪にオススメの洗浄成分は?

傷んで潤いを失った髪に向いているのは「アミノ酸系」のシャンプー剤です。硫酸系や石けん系シャンプーは洗浄力が強く、頭皮はもちろん毛髪の表面のキューティクルも傷めてしまいます。

 

傷んだ髪に良いシャンプーランキング トップ