傷んだ髪を改善するためのシャンプー方法は?

あなたのシャンプー方法は大丈夫ですか?

「シャンプーは手で泡立ててから」と言われますが、これを守っている人はどれくらいいるでしょうか?

 

割と多くの人がシャンプー剤を直接頭に付け、地肌と髪を摩擦させて泡立ててしまっているようです。

 

シャンプー剤の洗浄成分が強いものであればあるほど、間違ったシャンプー方法では髪と頭皮を傷めてしまいます。いつも何気なく行っているシャンプー方法を正しいものに変えるだけでダメージも減らすことができます。


正しいシャンプー方法の手順

洗髪前のブラッシング

シャンプー前に髪をブラッシングすることで頭皮や髪についているフケやホコリなどの汚れを落とすことができます。また、マッサージ効果のあるブラシを使えば血行が良くなり、その後の洗髪で毛穴の中から汚れを落としやすくなります。

 

お湯で丁寧に湯洗いする

髪や頭皮の大半の汚れはお湯で落ちます。ここで汚れをたくさん落としておくことで、その後のシャンプー剤の泡立ちも良くなり残った汚れもスッキリ落ちます。

 

この行程のことを「湯シャン」と呼んだりします。ただし、このお湯の温度には注意が必要です。湯シャン時だけでなく全部の行程に共通してですが、熱すぎるお湯だと髪や頭皮の汚れを落としすぎ、乾燥の原因になってしまいます。

 

シャンプー剤を丁寧に泡立て、マッサージするように洗う

シャンプー剤の泡立ては手では上手くいかないことがあります。そんなときは洗顔用のネットが便利です。よく泡立てたシャンプー剤で頭皮を中心にマッサージするように洗います。頭皮が脂っぽい人は念入りに洗いましょう。

 

この時、毛髪はこすらないように気をつけてください。頭皮さえ洗えていれば毛髪の汚れも落ちています。髪をこすると傷む原因になり、傷んだ箇所から水分が逃げることで髪の乾燥が酷くなります。

 

シャンプーがアミノ酸系洗浄成分のものなら、洗浄力がマイルドなので神経質に泡立てなくても大丈夫です。

 

すすぎは特に念入りに。シャンプー剤が残っているとカユミやかぶれの原因になります。

 

トリートメントはやっぱり毛先中心に

シャンプー後のヘアケア用品はリンス、コンディショナー、トリートメントがありますが、トリートメントが一番髪への補修成分が豊富です。
シャンプーとペアで揃えるなら、「トリートメント」がセットになっている商品を選びましょう。

 

傷んでいると髪全体にまべんなくつけたくなってしまいますが、トリートメントは毛先のみにつけましょう。手グシでよく馴染ませ、指でトントンと浸透させるように毛先を優しく抑えると効果がアップ。余裕のある時には蒸しタオルで包んで数分置くのも良いですね。

 

傷んだ髪におすすめのアミノ酸系シャンプーの紹介

傷んだ髪に良いシャンプーランキング トップ