髪 自然乾燥 良くない

自然乾燥は髪が痛む原因

髪が傷んでパサついている場合、ドライヤーでよけい傷むから自然乾燥!と言う人がいます。

 

これは、逆に髪にとっても地肌にとっても良くないのです。濡れた髪はキューティクルが開いている状態なので外部刺激に弱く、もしそのまま寝てしまったりしたら髪がもっと傷んでしまいます。

 

また、頭皮にとっても雑菌の温床になりやすいので注意が必要です。頭皮トラブルや匂いの原因にもなります。濡れた髪はなるべく早く乾かしましょう。

 

とはいえ、ドライヤーによる乾かし過ぎが髪を傷める原因の一つであることも事実です。そこで、正しい髪の乾かし方の手順の説明をします。


ツヤ髪になれる!正しい髪の乾かし方

洗髪後は十分なタオルドライから

洗髪後の髪はキューティクルが開いたとてもデリケートな状態です。タオルを使ったタオルドライは十分に行います。髪同士を擦り合うような乱暴なタオルドライはダメです。水分をタオルに染み込ませるよう、優しく押さえるように行います。

 

ロングヘアの人は特に、タオルドライには時間がかかります。タオルで頭にターバン巻きなどをして染み込ませている間にスキンケアなどを行えば効率的です。タオルドライで十分に水分を取り除いておけば、ドライヤーも短時間で済み「乾かしすぎ」も防ぐことができます。

 

毛流れの方向は手グシで整えましょう。濡れている髪にブラシやクシをいきなり通すのはいけません。十分にタオルドライをしたあとドライヤーをかけ、8割方乾いてから初めてブラシ等を使うようにしましょう。

 

アウトバストリートメントをつける

「洗い流さないトリートメント」とも言います。傷んで乾燥した髪を補修し、ドライヤーの熱から守ってくれます。水分のみのアウトバストリートメントはつけたあとに蒸発してしまうので、必ず油分配合のモノを選びましょう。

 

傷んで乾燥している髪の人は、内部補修の効果もうたっている商品を選ぶようにしましょう。つけるのはインバストリートメント(お風呂で使う洗い流すトリートメント)同様、毛先を中心に、優しく馴染ませてください。

 

ドライヤーをかける

ドライヤーは頭の上から下へ、つまり根元から毛先へ向かって風を当ててください。キューティクルは毛先の方向へ向いています。逆立てるようにドライヤーをかけると、キューティクルを傷める原因になります。

 

また、キューティクルの向きを揃えれば、艶も出て髪の感触も良くなります。8割方乾いたらブラシでテンションをかけるように乾かすと、キューティクルの面が整い、ツヤもアップします。

 

マイナスイオンドライヤーは効果ある?

傷んで手触りの悪くなった髪の人には、マイナスイオンドライヤーがオススメです。
「水分量が増えるわけではない」「化学的根拠がない」などとも言われていますが、使用者からは「しっとり感が違う」「手触りが良くなった」などの評価が多く寄せられています。

 

使用前といまいち違いがわからないと言う人も、しばらくマイナスイオンドラーヤーを使用してて、ある日普通のドライヤーに戻したところ違いがわかった。などという体験談も。

 

通常のドライヤーよりも多少割高ではありますが、毎日使うものでもあり効果の面からも買って損のない製品であるといえます。

 

 

保湿効果が期待できるアミノ酸系洗浄成分のシャンプーランキングはコチラ

傷んだ髪に良いシャンプーランキング トップ